FC2ブログ
出会い系に騙される女性が増えています 【手口】
現在、某テレビ局さんから「出会い系融資詐欺」「出会い系援助詐欺」「出会い系副業詐欺」について取材を受けています。
諸々合わせて、副業詐欺・サイドビジネス詐欺といった感じの被害が増えています。

この様に、最近の出会い系詐欺は

「融資します」「支援させて下さい]「受け取って欲しい」

というパターンがメジャーなようです。

主に副業サイトや懸賞サイトからの誘導が多いようです。


「会わなくていいから、メールで相談を聞いてくれたら○○○円(数百万円単位!)差し上げます」

このパターンの被害者は主に女性。

こつこつと相談に乗っていると少しずつポイント代がかさんでいき、ポイント代を捻出するのが厳しくなってきた頃に

「今までのポイント代も含めて援助させて下さい」


という流れになり、引くに引けなくなった被害者はそこから更に高額な出会い系商品を購入する事になっていくのです。


「個人情報開示のため本会員の登録料」

「仮会員時の情報保護料」

「本会員になるための情報引き継ぎ料」

「文字化け解除料」

「IP取得料・IP発行料」

「個人情報保護料」

「セキュリティチェック料」

「システム解除料」

とりとめのない○○料の嵐に、気づけば被害額は100万近くなんて事も珍しくありません。

高すぎる授業料だと思いませんか?


被害事例を見ていると、「手口」と言えるものはそう多くありません。


では、「なぜ騙されてしまうのか」


入口はあなたの携帯やパソコンです。

あまりにも身近なところに入口は開いています。

携帯やパソコンを使うすべての人が、「被害者」になる可能性を持っています。

どんな情報も、携帯やパソコンの中に溢れています。


大切なのは、「情報を選ぶ事」だと私たちは考えます。




そしてまた、「情報を選ぶ基準」を間違えない事も大切です。

一度タチの悪いサイトに入ってしまったら、何度バナーやランキングを踏んでも、その会社の運営するサイト内にしか飛べなくなってしまう事もあります。

インターネットに並んでいる言葉の奥には、必ず「人」がいます。

「人」の顔が見えないと、甘い言葉がそのまま「甘い誘惑」に感じられ、「自分だけ特別に選ばれたのではないか」という錯覚に陥ります。


例えば、すごく怖い風体の人を想像してみてください。

その人が「相談に乗ってくれたら100万あげます・・・あげたいんです・・・」と言ったら、「何か怖い・・・」と、ついつい思ってしまいませんか?

「顔」が見えない事で判断が鈍ってしまったり、逆に見えないものが見えたり、普段言えないことが言えたりすることは、誰しもがある事だと思います。


何となく「非現実」のように思えてしまうかもしれませんが、「顔」が見えない相手でも、人は人です。


現実もネットの中も


怪しいものは怪しい


一番単純な情報の選び方ですが、大切な事です。


では、どの段階で騙された事に気づくのか。

被害者は、自分に援助を申し出てくれている男性は「自分の味方」だと思っています。

相談を受けているから、相手に多少の同情心も持っている。

文字化け解除や直アド交換に失敗するのは、出会い系サイト側の問題であって、男性会員のせいでは無いと、信じているのです。

ところが何度も何度も同じ事を繰り返させられ、金銭的にも「もう限界」というところまでいった時、初めて「出会い系サイトとグルのサクラなんじゃないか」

と気付くのです。そこからはサクラと思われる男性会員には何を言っても無駄です。

サクラだったのか問い詰めても、「疑うなんて酷いな」の一言で終わりです。

会ったこともなく、携帯の連絡先も分からないのですから、何もやりようがないのです。


「会わなくていいから、メールで相談を聞いてほしい」

と言うと、女性にとって都合の良いように聞こえますが、会えないのは元々男性会員(サクラ)の方なんですね。


出会い系サイト、副業サイト、サイドビジネス、援助、逆援助

沢山のやり方があるように見えますが、カラクリはほぼ同じと言って良いでしょう。

今後は、もっと詳しい出会い系詐欺被害の実態などをお伝えしていく予定です。


ロイズ司法書士事務所

ロイズ司法書士事務所 モバイル

ロイズ司法書士事務所 アイフォン・アンドロイド携帯用

メディア掲載事例

代表司法書士 高田恭秀によるツイッター

Twitterボタン




スポンサーサイト



[ 2011/05/25 23:33 ]

| 出会い系詐欺 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |